R&D【現行版の改良】 | 不二輸送機工業 採用情報
R&D【現行版の改良】 | 不二輸送機工業 採用情報

R&D【現行版の改良】

K.U.

商品開発部 開発二課
2016年入社

電気電子情報工学専攻工学研究科修了

発想やアイデアを受け入れ
チャレンジを歓迎する風土があります。

主にコントローラーの開発に携わっています。

大学で四脚歩行ロボットを研究していたこともあり、当社は学んだことが活かせると思い志望しました。また大学の研究室の先輩が当社にいて、仕事がしやすい環境だと聞いたことも大きかったです。入社から開発二課に所属し、現在はコントローラーの基板のフルモデルチェンジに取り組んでいます。入社から約2年は別のロボットのアームとコントローラーのマイナーチェンジに携わり、2つめのプロジェクトということになります。

新しいプロジェクトが折り返し地点にあります。

今回のフルモデルチェンジのコンセプトはロボットの堅牢性を上げてメンテナンス性を向上すること。電気的にはコントローラーを強化して制御機能を上げ、効率化、省エネを実現することです。たとえば操作を誤ってもトラブルが発生しないようにするとか、今まではできなかった部品交換を可能にするといったもので、現状のパフォーマンスを拡大し、より使いやすくするものです。プロジェクトはほぼ折り返し地点にあり。現在1回目の試作品の評価が終わり、その改良をふまえて2回目の試作品づくりにとりかかっています。

新しいことに挑戦する姿勢が受け入れられます。

開発においては自分のアイデアを試せる環境、風土がありますね。前回の基板改良の際、電源が落ちたときにロボットの位置を保持して原点復帰を不要にするアブソリュートエンコーダを用いました。今回それをマイコンとうまく連携させることで配線を少なくしようと考えているのですが、そうしたこともプロジェクトでは「やってみよう」と、新たなチャレンジが歓迎されます。それは技術者にとって恵まれていると思いますし、新しいアプローチで自分の考えた通りにロボットが動けば、嬉しさもひときわです。

お客さまの現場の負荷軽減、効率化に貢献したい。

物流現場は省力化、無人化という流れのなかで新しいニーズが生まれ、それに対応するための新しい技術も開発されています。当社では先進的な開発テーマは開発三課が担っているのですが、私自身はどの課に所属していようと、革新的なものを生み出すチャレンジはできると感じています。私たちの部門はお客さまと直接お話するケースはないのですが、常にお客さまの現場を念頭に、負荷の軽減、効率化にいかに貢献できるかを考えて、開発に取り組んでいきたいと思います。

MOVIE